about

※購入メールやcontactの返信メールが迷惑メールに入る場合があります。特にGmailは迷惑メールになるようです。返信がない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

田上 貴之(たのうえ たかゆき) 品種 / ヒノヒカリ(熊本県)


水の利に恵まれた土地や
タニシの力など、自然の力を
信じて見守る自然農法


農家さんの話に魅了され、米づくりの道へ

地元のライスセンター(籾摺り所)でのアルバイトがきっかけで、農 家さんの話を聞くようになり、米づくりにひかれていったという田 上さん。○年に自分で田んぼを買い米づくりを始めました。無農薬・ 無肥料栽培にこだわり、除草にはジャンボタニシの力を借りていま す。まめに田んぼに足を運びつつも、自然の力を信じて、あえて「手 を入れすぎず見守る」のが田上さん流です。


乾燥に気を配り、微調整を重ねる

できるだけ稲の都合に合わせて、完熟を迎えた時点で刈り入れし、 収穫したお米はゆっくり手間ひまかけて乾燥します。お米の品質の 落ちない水分量までは風だけで乾かし、その後は日中の気温に合わ せた加温乾燥に。夜は乾燥をとめて休ませるため、水分の戻りも計 算して、翌日に微調整を行い、最適な水分量である 15 ~ 15.5% に なるよう心を配ります。


甘くてもちもち、冷めてもおいしいお米

甘くてもちもち、炊きたてでも冷めてもおいしいため、お弁当にも おすすめの田上さんのお米。「ふつうのお米しか食べたことのない人 に、このおいしさを伝えたい」と語ります。